本(一般書籍) 日本歴代売上(発行部数)ランキング

本の日本歴代売上(発行部数)ランキングです。
タイトル名をクリックでamazonの商品ページに移動します。
学術本・参考書・辞書辞典・占い・医学関連・絵本は除外しています。
ランキング集計計算方式の詳細はこちら
集計日: 2024/06/16(日)
他のカテゴリはこちら 絵本 児童書
4ページ中の1ページ目を表示しています。
順位 タイトル 発行部数
1位🥇
ノルウェイの森

ノルウェイの森

著者: 村上春樹
出版年: 1987年
概要・あらすじ: 「ノルウェイの森」は、村上春樹の代表作の一つであり、青春の喪失と再生を描く物語である。主人公のワタナベは東京で大学生活を送りながら、友人の死を契機に精神的な混乱と向き合うことになる。彼は、亡き友人の恋人である直子と再会し、複雑な感情に揺れ動く。物語は、ワタナベの内面的な成長と、直子や新しい友人ミドリとの関係を通じて展開する。時代背景や音楽、文学などの要素が織り交ぜられ、深い感情と共に描かれる青春の葛藤が読者を惹きつける作品である。
1000万部
2位🥈
窓ぎわのトットちゃん

窓ぎわのトットちゃん

著者: 黒柳徹子
出版年: 1981年
概要・あらすじ: 黒柳徹子が、トモエ学園での特異な学習体験を描いた自伝的小説である。主人公トットちゃんは、普通の学校で問題児扱いされ退学するが、自由で創造的な教育を行うトモエ学園に転校する。校長の小林宗作はトットちゃんの個性を尊重し、彼女の好奇心を伸ばす教育を実践する。トットちゃんは個性的な友人たちと共に学び、多様な活動を通じて成長する。トモエ学園の教育理念が生徒たちに与えた影響を描く感動的な物語である。
800万部
3位🥉
こころ

こころ

著者: 夏目漱石
出版年: 1952年
概要・あらすじ: 「私」は明治末期の鎌倉で「先生」と出会い、交流を深める。先生は謎めいた言葉を発し、雑司ヶ谷の墓を訪れる。私は父の病状が悪化する中、先生の手紙を受け取り東京へ向かう。手紙は先生の過去と友人Kとの関係を明かす内容であり、私は先生の決意を知る。
750万部
4位
人間失格

人間失格

著者: 太宰治
出版年: 1948年
概要・あらすじ: 主人公は孤独で葛藤する青年で、自己嫌悪と虚無感に苦しむ。彼は人生の意味を見出せず、周囲の人々との関係をうまく築けない。心の闇に包まれながらも、彼は自らのあり方や生き方を模索し、苦悩しながらも生きることを試みる。登場人物たちもそれぞれに欠陥を抱え、人間関係が複雑に絡み合う。絶望的な雰囲気が漂う中で、主人公は自らの運命と向き合い、激動の内面を描き出す。
713万部
5位
アンネの日記

アンネの日記

著者: アンネ・フランク
出版年: 1947年
概要・あらすじ: ドイツによる占領下のオランダ、アムステルダムが舞台。8人のユダヤ人が音を立てずに隠れ家に潜む。1942年から1944年まで、ホロコーストを避ける日々をアンネが記録。彼女の死後、父オットーの努力で出版され、世界的なベストセラーに。UNESCOの会議で世界の記憶に登録される。
600万部
5位
星の王子さま

星の王子さま

著者: アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ
出版年: 1943年
概要・あらすじ: 「星の王子さま」は、飛行士がサハラ砂漠に不時着し、そこで出会った不思議な少年との交流を描く物語である。少年は小さな星の王子であり、様々な星を旅してきたと語る。彼の旅は、大人たちの奇妙な行動や人生の本質についての洞察に満ちている。王子の話を通じて、飛行士は純粋な心や愛、友情の重要性を再認識する。シンプルでありながら深い哲学的メッセージが込められた作品であり、子供から大人まで幅広い読者に愛されている。
600万部
7位
永遠の0

永遠の0

著者: 百田尚樹
出版年: 2006年
概要・あらすじ: 司法試験浪人の健太郎と姉の慶子は、祖父の正体について知る。その過去を追う中、さまざまな人々の証言を通じて謎めいた人物像が浮かび上がる。彼らは、真実を追求し、人々の生き方や考え方に触れながら、過去と向き合う。彼らは壮絶な過去と封印された真実に迫る。
546万部
8位
ハリー・ポッターと賢者の石

ハリー・ポッターと賢者の石

著者: J・K・ローリング
出版年: 1997年
概要・あらすじ: 主人公ハリー・ポッターは、自分が魔法使いであることを知らず、意地悪な親戚に育てられていた。11歳の誕生日にホグワーツ魔法魔術学校への招待状が届き、彼の人生は一変する。ホグワーツでの新しい友人や冒険を通じて、ハリーは自分の過去や両親の死の謎、そして恐ろしい闇の魔法使いヴォルデモートとの因縁を知ることになる。ハリーの成長と友情、勇気が描かれたこの物語は、魔法の世界への入り口であり、世界中の読者に愛されるシリーズの第一作である。
508万部
9位
老人と海

老人と海

著者: アーネスト・ヘミングウェイ
出版年: 1952年
概要・あらすじ: 主人公は孤独な老漁師であり、長い間不漁に苦しんでいる。彼は大物のカジキを狙い、過酷な戦いに挑む。物語は老漁師の孤独と決断、そして自然との対話を描きながら、彼の意志の強さや精神の葛藤を浮き彫りにする。彼の船上での孤独な戦いは、絶望と希望の狭間で揺れ動く人間の意志の象徴として描かれる。
499万部
10位
五体不満足

五体不満足

著者: 乙武洋匡
出版年: 1998年
概要・あらすじ: 「五体不満足」は、乙武洋匡による自伝的エッセイである。著者は先天性四肢欠損という障害を持ちながらも、困難に立ち向かい、自立した生活を築く過程を描いている。幼少期から学校生活、大学進学、そして社会人としての経験まで、ユーモアを交えながら語られる彼の人生は、多くの読者に勇気と希望を与える。障害を持ちながらも自分の可能性を信じ、周囲の支えを得て成長する姿が描かれ、社会に対する啓発と感動を呼ぶ作品である。
477万部
11位
道をひらく

道をひらく

著者: 松下幸之助
出版年: 1968年
概要・あらすじ: 松下幸之助の自伝的な著作である。彼は貧しい家庭に生まれながらも、困難に立ち向かい、日本を代表する実業家として活躍した。この本では、彼の生い立ちから起業、そして経済界での成功までの道のりが描かれている。松下は常に夢を追い求め、困難や失敗にめげずに前進し、人々の生活を豊かにするための新しい道を切り拓いていく姿勢を示している。彼の人生哲学や経営理念が読者に示され、彼の信念と行動力が成功への鍵であることが伝えられる。
450万部
12位
バカの壁

バカの壁

著者: 養老孟司
出版年: 2003年
概要・あらすじ: 現代人が陥る思考の不自由さを軸に、諸現象の本質を解明する。 キャッチコピーで、帯紙は「『話せば分かる』なんて大ウソ!」、書店向けPOP広告は「バカの壁は誰にでもある」と、著者の言葉が紹介され、後年に自宅でのインタビューで、改めて養老は「バカの壁」とは「人は知りたくないことに耳を貸さず情報を遮断すること」と述べた。
439万部
13位
坊っちゃん

坊っちゃん

著者: 夏目漱石
出版年: 1950年
概要・あらすじ: 主人公は東京の大学を卒業し、教師として郷里に赴任する。そこで彼は生徒たちや同僚との交流を通じて成長し、さまざまな出来事に挑む。物語は彼の教育者としての苦悩や青春の葛藤を描きながら、彼の内面の変化や成長を追う。
438万部
14位
ハリー・ポッターと秘密の部屋

ハリー・ポッターと秘密の部屋

著者: J・K・ローリング
出版年: 1998年
概要・あらすじ: ハリーはホグワーツ魔法魔術学校の2年生として、魔法の世界で新たな冒険に巻き込まれる。秘密の部屋が再び開かれ、生徒たちが不可解な石化事件に巻き込まれる中、ハリーは自身の過去とヴォルデモートの暗躍の秘密を探る。新たな友人や敵との出会い、魔法の授業や学園生活の中で、彼は勇気を振り絞り、真実を追求する。愛情や友情、信頼の大切さが強調される中、ハリーは自分の役割と運命に向き合いながら、魔法界の闇との戦いに挑む。
433万部
15位
人を動かす

人を動かす

著者: デール・カーネギー
出版年: 1937年
概要・あらすじ: 人間関係やコミュニケーションの本質を探求した自己啓発書である。著者は実例やストーリーを通じて、人々が他者との関係を築き、影響を与える方法を解説する。本書では、相手の立場や感情に共感し、ポジティブなコミュニケーションを通じて相手を尊重し、協力を促すことの重要性が強調される。読者はリーダーシップや人間関係のスキルを向上させるための具体的なアドバイスやテクニックを学び、より良い人間関係を築くためのヒントを得ることができる。
430万部
16位
異邦人

異邦人

著者: アルベール・カミュ
出版年: 1942年
概要・あらすじ: 「異邦人」は、アルベール・カミュによる哲学的小説である。主人公はメルソーという男で、彼は生活の中で感情や社会的な規範に無関心である。彼はある出来事を契機に、自らの存在や人間関係に疑問を抱き始め、社会との摩擦を経験する。物語は彼の内面の葛藤や孤独、そして彼が抱く「異邦人」としての孤立感を描きながら、彼の理解不能な行動や選択に焦点を当てる。
422万部
17位
友情

友情

著者: 武者小路実篤
出版年: 1947年
概要・あらすじ: 新進脚本家の野島と作家の大宮は互いを尊敬し、友情を育む。野島が大宮の友人の妹・杉子に恋すると、大宮は彼を支える。しかし、大宮がヨーロッパに旅立つと、野島は杉子との距離を置く。1年後、野島が杉子にプロポーズするが断られ、その後、大宮から一通の手紙が届く。手紙を読んだ野島は、決別を宣言し、決闘を提案する。
413万部
18位
雪国

雪国

著者: 川端康成
出版年: 1947年
概要・あらすじ: 冬の温泉地に到着した鉄道の駅員・島村は、病人の男とその恋人らしき若い娘・葉子に出会う。島村は地元の芸者・駒子と過ごし、彼女の過去や恋愛事情を知る。その後、島村は再び温泉地を訪れ、葉子や駒子との関係が複雑に絡み合い、運命のドラマが展開される。物語は愛と死の糸で結ばれた三者の心の葛藤を描く。
393万部
19位
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

著者: J・K・ローリング
出版年: 1999年
概要・あらすじ: 夏休み中、ハリーはダーズリー家で嫌がらせを受け、魔法を使って逃げ出す。バスに乗ってダイアゴン横丁に行き、そこで魔法大臣ファッジに出会う。新学期が始まり、ハリーは新しい教授やクィディッチでの試合に挑む。しかし、アズカバンから脱獄したシリウス・ブラックに命を狙われていることを知る。シリウスの無実を証明するため、ハリーたちは様々な困難に立ち向かう。
382万部
20位
潮騒

潮騒

著者: 三島由紀夫
出版年: 1954年
概要・あらすじ: 18歳の漁師、久保新治は、伊勢湾の歌島で貧しい家族と暮らしていた。ある日、見知らぬ少女・初江に出会い、彼女に惹かれる。初江は村の有力者の娘で、彼女との出会いで新治の心は動き始める。2人は偶然にも何度か出会い、お互いの気持ちに気づいていく。しかし、周囲の反対や噂に悩まされる中、2人の愛は試される。やがて、新治の勇気ある行動と共に、彼らの愛は成就する。
380万部
21位
斜陽

斜陽

著者: 太宰治
出版年: 1950年
概要・あらすじ: 昭和20年、没落貴族となったかず子と母は伊豆に移り住む。弟・直治は荒れた生活を送るが、母の言葉に触れ、小説家・上原に手紙を送り世間の偽善を非難する。かず子は上原との交流や家族の悲劇を通じ、生きる意志を固める。母の死後、かず子は上原の子を妊娠する。かず子は革命的な意思を持ち、上原に強く生きる決意を伝える。
379万部
22位
破戒

破戒

著者: 島崎藤村
出版年: 1954年
概要・あらすじ: 瀬川丑松は身分を隠して生きるが、解放運動家の猪子蓮太郎に憧れ、素性を打ち明けようとするが踏み出せず、猪子の死によって追い詰められ、ついに身分を明かす。そしてアメリカでの事業の誘いを受け、東京へ向かう。
379万部
23位
悲しみよこんにちは

悲しみよこんにちは

著者: フランソワーズ・サガン
出版年: 1955年
概要・あらすじ: 18歳になるセシルは父のレエモンと父の愛人エルザと共に夏を過ごし、大学生のシリルと恋に落ちる。しかし、母の友人であるアンヌが現れ、彼女と父の再婚の気配が生じる。アンヌの存在がセシルの生活を変え、父を奪われる恐れが生まれ、彼女はアンヌに反発する。セシルは父とアンヌの再婚を阻止するために、シリルとエルザを巻き込んで計画を立てる。その結果、アンヌは不可解な死を遂げる。
375万部
24位
チーズはどこへ消えた?

チーズはどこへ消えた?

著者: スペンサージョンソン
出版年: 2000年
概要・あらすじ: 「チーズはどこへ消えた?」は、ビジネスの変化についての啓発的な物語である。物語では、4匹のキャラクターがチーズを求めて迷いながら、変化に対処する方法を模索する。読者は彼らの経験を通じて、変化への適応能力の重要性を学び、自らのビジネスや人生に活かすことができるだろう。
360万部
25位
ハリー・ポッターと炎のゴブレット

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

著者: J・K・ローリング
出版年: 2000年
概要・あらすじ: 夏休み、ハリーは、奇妙な夢で目が覚める。その夢とは、リトル・ハングルトンにあるリドルの館でヴォルデモートとピーター・ペティグリュー(ワームテール)が自分をxxxす計画を立てていて、そこへ現れたマグルの老人フランク・ブライスがヴォルデモートに殺されるというものだった。
350万部
26位
伊豆の踊子

伊豆の踊子

著者: 川端康成
出版年: 1927年
概要・あらすじ: 20歳の一高生の「私」は、孤児根性で歪んだ自分を反省し、息苦しい憂鬱から逃れるため伊豆へ旅立つ。旅芸人一座と出会い、踊子に惹かれる。「私」は彼らとの交流で人の温かさを感じ、踊子の純情な心に触れて孤独感から解放される。しかし、踊子との別れは苦しいもので、船で離れる際、踊子の寂しげな姿に涙する。「私」は少年の親切に励まされ、新たな感情に包まれる。
343万部
27位
少年H

少年H

著者: 妹尾河童
出版年: 1997年
概要・あらすじ: 『少年H』は、妹尾河童の自伝的小説。当時の名前は「肇」だったので、セーターに書いてあったイニシャルからの愛称。
340万部
28位
あすなろ物語

あすなろ物語

著者: 井上靖
出版年: 1953年
概要・あらすじ: 天城山麓の小さな村で、血のつながりのない祖母と二人、土蔵で暮らした少年・鮎太。北国の高校で青春時代を過ごした彼が、長い大学生活を経て新聞記者となり、やがて終戦を迎えるまでの道程を、六人の女性との交流を軸に描く。明日は檜になろうと願いながら、永遠になりえない「あすなろ」の木の説話に託し、何者かになろうと夢を見、もがく人間の運命を活写した作者の自伝的小説。
331万部
28位
気くばりのすすめ

気くばりのすすめ

著者: 鈴木健二
出版年: 1982年
概要・あらすじ: 職場で、家庭で、すぐ役立つ「気くばり」の秘訣。「日本人の心のマナーを再認識した」「心洗われる一冊、感動した」と絶賛の声。心のある社会をつくる「思いやりの技術」、すなわち、気くばり。
331万部
30位
変身

変身

著者: フランツ・カフカ
出版年: 1952年
概要・あらすじ: 青年グレゴール・ザムザは、ある朝目覚めると巨大な毒虫になっていた。彼の不安定な状態に家族は戸惑い、彼は自室に閉じこもる。妹のグレーテが彼の世話をする中、家族は新たな生活に順応し始める。しかし、グレゴールは傷つけられ、孤独に耐えながら最後の日々を送る。
330万部

更新日:2024/06/16

他のカテゴリはこちら 絵本 児童書
【ランキング集計の詳細】
  • 各種Webサイトから情報を抽出し、集計しています
  • Amazonのリンクは独自のアルゴリズムにより自動で生成されております。リンク先がランクインしている商品と同一であることを必ずしも保証するものではありません
タイトルとURLをコピーしました