家なき子 (1994年のテレビドラマ)の詳細データ

家なき子 (1994年のテレビドラマ)

基本データ

最新回出演者

概要

1994年と1995年に日本テレビの土曜グランド劇場で制作・放送されたテレビドラマ。また、ドラマのヒットを受けて1994年12月17日には劇場版が公開されている(後節参照)。 家庭内暴力を受けている小学生の少女が、理不尽な環境の中でも困難に負けずに生きていく様を描いた物語である。 当時12歳だった安達祐実の出世作としても知られている。特に主人公・相沢すずの「同情するなら金をくれ!」という劇中の台詞が、新語・流行語大賞に選ばれるほどのブームとなった。だが、その一方で後述のように過激な暴力・いじめのシーンが批判の対象となり、内容が社会的議論も巻き起こした。また、内藤剛志の強烈でインパクトのある役も話題となり、シリーズ第1作は平均視聴率24.7%、最高視聴率37.2%(最終話)を記録するなど、「土曜ドラマ」枠としては平成初期の最大のヒット作となり、さらにシリーズ第2作も引き続き人気を保ち平均視聴率22.5%、最高視聴率31.5%(最終話)を記録している(関東地区・ビデオリサーチ社調べ)。 テレビ版シリーズ2作と劇場版が製作されており(シリーズ第1作→劇場版→シリーズ第2作の順)、3部作構成となっていた。初期こそエクトール・アンリ・マロの児童文学作品『家なき子』へのオマージュがあったが、シリーズ第2作ではサスペンスやサイコスリラー、教育問題などオリジナル路線を強めていった。 なお、本作は前述の児童文学を同局が制作したアニメシリーズおよび、1974年10月1日〜1975年3月25日(火曜19:00 – 19:30、JST)にTBS系列で放送されていた、坂口良子主演のテレビドラマと直接の関係はなく、内容も別物である。 2023年現在、DVD版・Blu-ray版はリリースされていない。(引用元)

ランキングデータ

「テレビ番組総合」カテゴリのランキング

項目 数値 順位(「テレビ番組総合」カテゴリ)
テレビ番組 Wikipedia閲覧数 日間 1,159 155位
ランキング

「ドラマ ドラマ総合」カテゴリのランキング

項目 数値 順位(「ドラマ ドラマ総合」カテゴリ)
テレビ番組 Wikipedia閲覧数 日間 1,159 72位
ランキング
ドラマ歴代最高視聴率 37.2% 11位
ランキング

関連コンテンツ

出演者

出演者名
安達祐実
田中好子
保阪尚希
塚本信夫
深浦加奈子
細川俊之
京本政樹
小柳ルミ子
小倉一郎
内藤剛志
菅井きん

詳細データ

データ推移

TVerお気に入り登録者数

タイトルとURLをコピーしました