大江戸捜査網の詳細データ

大江戸捜査網

基本データ

最新回出演者

概要

1970年10月から6期にわたって東京12チャンネル→テレビ東京・系列ほかで放送されたテレビ時代劇作品である。連続ドラマは全6シリーズ、全713話。 製作時期や配給形態で以下に分類されるが、本記事では全て説明する。 1970年10月から1984年3月まで途中2度の中断を挟み、土曜日の夜に日産自動車グループの一社提供による「日産劇場」として放送 のシリーズ。日活での制作当初はアメリカ合衆国のテレビドラマ『アンタッチャブル』のコンセプトで連続時代劇を作ろうと企画されたために、番組の初期の第1シリーズ第1話 – 第39話には『大江戸捜査網 アンタッチャブル』とサブタイトルがつけられていた。 この番組では、後に時代劇の大看板俳優となった杉良太郎 → 里見浩太朗 → 松方弘樹が筆頭同心の演を務めた(杉;第1話(第1シリーズ#1) – 第130話(第3シリーズ#26)〔130話分〕、里見;第131話(第3シリーズ#27) – 第409話(第3シリーズ#305)〔278話分〕、松方;第410話(第3シリーズ#306) – 第640話(第3シリーズ#536)〔230話分〕)。ただし、これらの出演者達は、4-6人で演じ分けた複数主演の番組と述べている。なので、此の番組で主演と云う場合には、其の回でメインに活躍が描かれた役を演じた場合を云う。例えば十蔵がメインの時には瑳川哲朗が主演となり、小波がメインの時には梶芽衣子が主演となり、お吉がメインの時には江崎英子が主演となる。勿論、珊次郎、音次郎、清次郎がメインの時には杉良太郎、里見浩太朗、松方弘樹が主演となる。但し文面では解りやすくするため、筆頭同心を演じる俳優を主演とする時もある。 杉良太郎は、第1シリーズ、第2シリーズではどちらも全52話出演していたが、第3シリーズでは半分の第26話で次の者と交代し、降板している。 第1シリーズ、第2シリーズ、第3シリーズの話数は、各テレビ局での管理、解説等では、第1シリーズから通算で記している。映像ソフトとして発売されたDVDではそれぞれのシリーズ毎に#1話からにされている。以下には、テレビ番組の欄で使われている通算の話数と、それぞれのソフトでのシリーズ毎での話数とを並記する。 1984年4月から半年間、前シリーズに引き続き、第4シリーズとして並木史朗の出演で放送の『新・大江戸捜査網』が放映されたが、前作までとの差が多く、視聴率が低迷。打ち切りによって幕を閉じることとなった。 1990年度と、1991年度に、橋爪淳が出演のシリーズが、各年度の下半期半年間ずつ、金曜日夜に放送の計2シリーズ(平成版、第1シリーズ・第2シリーズ※第5シリーズ・6シリーズともされる)が製作放映される。 2015年1月に、テレビ東京開局50周年企画 YAMADA 新春ワイド時代劇として、前作から実に23年ぶりに、高橋克典ほかの出演で『大江戸捜査網2015〜隠密同心、悪を斬る!』が製作、放映された。それまで製作、撮影されてきた東京の時代劇撮影可能撮影所(日活調布撮影所、稲城撮影所、生田撮影所、三船プロダクション成城撮影所、生田オープン撮影所(移管)、狛江撮影所、多摩川堤防、奥多摩、青梅等)が閉鎖されているため、初めて本格的に京都の時代劇撮影所(東映京都時代劇撮影所)で撮影が行われた。 1979年に、第3シリーズの松方弘樹出演時のキャスティングで製作された映画『隠密同心・大江戸捜査網』が撮影公開された。 (引用元)

ランキングデータ

「テレビ番組総合」カテゴリのランキング

項目 数値 順位(「テレビ番組総合」カテゴリ)
テレビ番組 Wikipedia閲覧数 日間 1,278 144位
ランキング

「ドラマ ドラマ総合」カテゴリのランキング

項目 数値 順位(「ドラマ ドラマ総合」カテゴリ)
テレビ番組 Wikipedia閲覧数 日間 1,278 69位
ランキング

関連コンテンツ

出演者

出演者名
高橋克典
藤原紀香
夏菜
柄本時生
村上弘明
里見浩太朗
瑳川哲朗
山口いづみ
かたせ梨乃

詳細データ

タイトルとURLをコピーしました