漫画 日本作品 世界歴代発行部数ランキング

漫画の世界歴代発行部数ランキングです。
タイトル名をクリックでamazonの商品ページに移動します。
ランキング集計計算方式の詳細はこちら
集計日: 2024/06/14(金)
他のカテゴリはこちら None
4ページ中の1ページ目を表示しています。
順位 タイトル 発行部数
1位🥇
ONE PIECE

ONE PIECE

作者: 尾田栄一郎
概要: 尾田栄一郎による日本の少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1997年34号から連載中。略称は「ワンピ」。 (全文はこちら
5億1650万
2位🥈
ゴルゴ13

ゴルゴ13

作者: さいとう・たかを
概要: さいとう・たかを/さいとう・プロダクションによる日本の漫画。1968年11月から小学館『ビッグコミック』にて連載されている。超一流のスナイパーであるゴルゴ13の活躍を描く劇画である。 リイド社より発売される単行本(SPコミックス)の刊行数は単一漫画シリーズとしては世界一となる「210巻」を数え、2021年7月にギネス世界記録に認定された。同年7月時点でシリーズ累計発行部数は「3億部」を突破している。 連載継続中の漫画としては日本で3番目の長寿漫画である。また、現在までの連載期間は、日本で4番目の長さとなる。(全文はこちら
3億
2位🥈
ドラえもん

ドラえもん

作者: 藤子・F・不二雄
概要: 藤子・F・不二雄による日本のSF生活ギャグ漫画である。1969年から主に児童向け雑誌で「藤子不二雄」名義で連載が開始された。開始当初から藤本弘単独作。1989年以降は「藤子・F・不二雄」名義となった。日本では国民的な知名度があり、海外でも東アジアや東南アジアを中心に高い人気を誇る。(全文はこちら
3億
4位
名探偵コナン

名探偵コナン

作者: 青山剛昌
概要: 1994年刊行開始の青山剛昌原作による日本の推理漫画作品であり、本作を原作とした一連のメディアミックス作品の総称。 (全文はこちら
2億7000万
5位
ドラゴンボール

ドラゴンボール

作者: 鳥山明
概要: 鳥山明による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1984年51号から1995年25号まで連載された。略称は「DB」。 (全文はこちら
2億6000万
6位
NARUTO -ナルト-

NARUTO -ナルト-

作者: 岸本斉史
概要: 岸本斉史による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1999年43号から2014年50号まで連載された。全700話で、単行本は全72巻と外伝1巻。(全文はこちら
2億5000万
7位
ブラック・ジャック

ブラック・ジャック

作者: 手塚治虫
概要: 手塚治虫による医療漫画作品。天才的外科医だが医師免許を持たない「ブラックジャック」こと間黒男(はざま くろお)の活躍を描く。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて1973年11月19日号から1978年9月18日号にかけて連載したのち、1979年1月15日号から1983年10月14日号にかけて不定期連載された。全242話。略称は『B・J』。 手塚の没後を含めてリメイクや派生・オマージュ作品が生み出され続けているほか、アニメや実写、舞台作品へのメディアミックス展開が行なわれている。 主人公を含めてキャラクターについては「ブラック・ジャックの登場人物」を参照。(全文はこちら
1億7600万
8位
SLAM DUNK

SLAM DUNK

作者: 井上雄彦
概要: バスケットボールを題材にした井上雄彦による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』にて、1990年(42号)から1996年(27号)にかけて全276話にわたり連載され、アニメやゲームも制作された。(全文はこちら
1億7000万
9位
こちら葛飾区亀有公園前派出所

こちら葛飾区亀有公園前派出所

作者: 秋本治
概要: 秋本治による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』において1976年から2016年まで連載された。通称及び公式略称は「こち亀(こちかめ)」。 単行本は全201巻に及び、2021年に『ゴルゴ13』に抜かれるまでは「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」としてギネス世界記録に認定されていた。(全文はこちら
1億5650万
10位
鬼滅の刃

鬼滅の刃

作者: 吾峠呼世晴
概要: 吾峠呼世晴による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号から2020年24号まで連載された。略称は「鬼滅」。単行本(全23巻)の累計発行部数は、2021年2月時点で1億5000万部を突破している。(全文はこちら
1億5000万
11位
クレヨンしんちゃん

クレヨンしんちゃん

作者: 臼井儀人
概要: 臼井儀人による日本のギャグ漫画作品。1990年に双葉社『漫画アクション』にて連載を開始し、2000年に『まんがタウン』へ移籍。『臼井儀人&UYスタジオ』名義で2010年から連載された『新クレヨンしんちゃん』も記載する。略称は「しんちゃん」「クレしん」。(全文はこちら
1億4800万
12位
進撃の巨人

進撃の巨人

作者: 諫山創
概要: 諫山創による日本の漫画作品。 また、これを原作とするアニメや小説(ライトノベル)・ゲーム・映画などの派生作品がある。(全文はこちら
1億4000万
13位
美味しんぼ

美味しんぼ

作者: 雁屋哲(原作) 花咲アキラ(作画)
概要: 原作:雁屋哲・作画:花咲アキラによる日本の料理・グルメ漫画作品。『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて1983年20号より連載。1987年、第32回小学館漫画賞青年一般部門受賞。2020年10月時点で累計発行部数は1億3500万部を突破している。テレビアニメ・実写テレビドラマ化もされている。(全文はこちら
1億3500万
14位
BLEACH

BLEACH

作者: 久保帯人
概要: 久保帯人による日本の漫画作品。『赤マルジャンプ』(集英社)2001 WINTERに掲載された読み切り版を経て、『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2001年36・37合併号から2016年38号まで連載された。悪霊・虚(ホロウ)を退治する死神の代行者になった高校生・黒崎一護と仲間たちの活躍を描く剣戟バトルアクションコミック。 第50回小学館漫画賞少年向け部門受賞。2022年7月時点における全世界シリーズ累計発行部数は1億3,000万部を突破している。 2000年代の『週刊少年ジャンプ』を代表する看板作品のひとつであり、小説化、テレビアニメ化、コンピュータゲーム化、ロック・ミュージカル化、アニメーション映画化、実写映画化といった多様なメディアミックスが展開された。(全文はこちら
1億3000万
15位
ジョジョの奇妙な冒険

ジョジョの奇妙な冒険

作者: 荒木飛呂彦
概要: 荒木飛呂彦による日本の漫画作品。略称は「ジョジョ」。(全文はこちら
1億2000万
16位
はじめの一歩

はじめの一歩

作者: 森川ジョージ
概要: ボクシングを題材とした森川ジョージによる日本の漫画作品。1989年から『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中。各話数の通し番号の表記はそれぞれ「Round.○○」。2023年7月14日発売の138巻をもってコミックスのシリーズ累計発行部数は1億部の大台を突破した。1991年(平成3年)度、第15回講談社漫画賞少年部門受賞。 (全文はこちら
1億
16位
キングダム

キングダム

作者: 原泰久
概要: 原泰久による日本の漫画作品。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて2006年9号より連載中。 第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞作品である。累計部数は2023年11月17日の70巻発売をもって1億部を突破している。2020年12月に発売された60巻をもってシリーズ初の初版100万部を達成した。(全文はこちら
1億
16位
タッチ

タッチ

作者: あだち充
概要: あだち充による日本の漫画作品。『週刊少年サンデー』(小学館)にて、1981年36号から1986年50号まで連載された。高校野球を題材に、双子の兄弟である上杉達也・和也と幼馴染の浅倉南の3人を軸にした恋愛を絡めて描いている。 連載時の単行本の初版は200万部に達し、その後のロングセラーによって単行本に文庫本などを合計したコミックスの総売上は2004年12月時点で1億部を突破し、あだち充にとって最大のヒット作となった。第28回(1982年度)小学館漫画賞受賞。 テレビアニメ、劇場用アニメとしてアニメ化もされ、実写のテレビドラマや映画も製作された。(全文はこちら
1億
16位
僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア

作者: 堀越耕平
概要: 堀越耕平による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2014年32号より連載中。略称は「ヒロアカ」。「“無個性”」だった主人公が最高のヒーローを目指して成長していくヒーロー漫画作品。堀越耕平にとって3作目の連載作品となる。『赤マルジャンプ』2008 WINTERに掲載された読切『僕のヒーロー』を基に構想された。 2015年1月、『VOMIC TV!』で「VOMIC」が放送された。同年11月、週刊少年ジャンプ2015年49号にてテレビアニメ化が発表された。同年11月9日より「少年ジャンプ+」にて、スピンオフ作品となるコメディ漫画『僕のヒーローアカデミア すまっしゅ!(全文はこちら
1億
16位
北斗の拳

北斗の拳

作者: 武論尊(原作) 原哲夫(作画)
概要: 武論尊(原作)、原哲夫(作画)による日本の漫画作品。およびそれを原作・題材としたテレビアニメ(1984年)・ゲームなどを指す。 本項では原作である漫画を中心に、その関連作品についても述べる。(全文はこちら
1億
16位
金田一少年の事件簿

金田一少年の事件簿

作者: 天樹征丸(原案・原作) 金成陽三郎(原作) さとうふみや(作画)
概要: 天樹征丸(原案→原作)、金成陽三郎(原作→脚本、降板)、さとうふみや(作画)による日本の漫画作品、及びこれを原作とする一連の作品群の総称。ミステリーを題材としている。略称は『金田一』。 1995年、第19回講談社漫画賞少年部門受賞。通常の単行本の他に漫画文庫版、極厚愛蔵版なども発売され、2019年10月時点でシリーズ累計発行部数は1億部を突破している。 名探偵・金田一耕助を祖父に持つ高校生・金田一一が、幼馴染・七瀬美雪や協力者である警察官・剣持勇警部、明智健悟警視らと共に遭遇する難事件を祖父譲りの抜群の推理力で次々と解決していく推理漫画。(全文はこちら
1億
16位
鉄腕アトム

鉄腕アトム

作者: 手塚治虫
概要: 手塚治虫のSF漫画作品及び同作を原作としたテレビアニメ、特撮テレビ番組の作品名、並びに作品内の主人公である架空のロボットの名称である。テレビアニメ版で使用された主題歌の曲名でもあり、同シリーズゲームのタイトル名にもなっている。(全文はこちら
1億
23位
キャプテン翼

キャプテン翼

作者: 高橋陽一
概要: 高橋陽一による日本のサッカー漫画。及びそれを原作にした派生作品。「ボールは友達」が信条の主人公・大空翼をはじめ、ひた向きにサッカーに打ち込む少年達の姿を描く。連載時には日本国内でサッカーブームを起こすと共に、後にプロサッカー選手となる多くの選手達に影響を与えた。略称は「キャプ翼(キャプつば)」、「C翼」 など。 2023年3月時点で出版された単行本・文庫本・翻訳本・スピンオフなどの全世界シリーズ累計発行部数は9000万部以上を記録している。(全文はこちら
9000万
23位
クローズ

クローズ

作者:
概要: 高橋ヒロシによる日本の不良漫画。1990年から1998年まで『月刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて連載された。単行本は全26巻および外伝3巻。2006年6月より完全版全19巻および外伝2巻が刊行され、2007年6月より『クローズイラストBOOK』が刊行された。2015年6月より新装版全22巻が刊行された。 (全文はこちら
9000万
23位
呪術廻戦

呪術廻戦

作者: 芥見下々
概要: 芥見下々による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2018年14号から連載中。人間の負の感情から生まれる化け物・呪霊を呪術を使って祓う呪術師の闘いを描いたダークファンタジー・バトル漫画。略称は「呪術」。本作は『ジャンプGIGA』2017 vol.1から2017 vol.4まで連載されていた『東京都立呪術高等専門学校』をプロトタイプ兼正式な前日譚としている。後に同作は2018年12月4日に『呪術廻戦 0巻 東京都立呪術高等専門学校』として発売された。 2024年1月現在、デジタル版を含めたコミックス累計発行部数は9000万部を突破している。(全文はこちら
9000万
26位
サザエさん

サザエさん

作者: 長谷川町子
概要: 長谷川町子による日本の漫画。また、その主人公となる「フグ田サザエ」の呼び名の一つである。(全文はこちら
8600万
27位
グラップラー刃牙

グラップラー刃牙

作者: 板垣恵介
概要: 板垣恵介による日本の格闘漫画。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)に連載された。第1部はOVA化、TVアニメ化されている。続編として『バキ』、『範馬刃牙』、『刃牙道』、『バキ道』、『刃牙らへん』があり本項ではこれらも併せて解説する。 2021年5月時点で単行本のシリーズ累計発行部数は8500万部を記録している。 (全文はこちら
8500万
28位
HUNTER×HUNTER

HUNTER×HUNTER

作者: 冨樫義博
概要: 冨樫義博による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』にて1998年14号より連載を開始。2022年7月時点でシリーズ累計発行部数(デジタル版を含む)は8400万部を突破している。略称は「H×H」。(全文はこちら
8400万
29位
バガボンド

バガボンド

作者: 吉川英治(原作) 井上雄彦(作画)
概要: 井上雄彦による日本の漫画作品。原作は吉川英治の小説『宮本武蔵』。 『モーニング』(講談社)にて1998年から連載されているが、2015年2月の掲載を最後に休載が続いている。2000年に第4回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、第24回講談社漫画賞一般部門を受賞。2002年には第6回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞。2020年12月時点で単行本の累計発行部数は8200万部を記録している。 剣豪・宮本武蔵を主人公とし、戦国末期から江戸時代の転換期、剣の時代の終わりがけを舞台にその青春期を描く。巨大な歴史の転換点で出世の夢が破れた武蔵が剣士として自己を確立しようともがく様、また巌流島で武蔵と決闘したことで有名な佐々木小次郎を筆頭とする武蔵と関わる複数の武芸者が描かれている。(全文はこちら
8200万
30位
三国志

三国志

作者: 横山光輝
概要: 横山光輝による日本の漫画。希望コミックスにも登場した。1971年から1987年まで、潮出版社『希望の友』『少年ワールド』『コミックトム』に月刊連載された。 横山光輝の代表作の一つで、吉川英治の小説『三国志』(以下、吉川三国志)を基調に独自の解釈等々を織り交ぜて描かれた作品。「吉川三国志」が諸葛亮の死で終わっている(篇外余録で晋による天下統一までが解説される)のに対し、本作は全60巻で蜀が滅亡するまでを描いている。 『三国志』を描いた漫画の先駆にして、黄巾の乱に始まり蜀の滅亡までを描ききった長大な作品である。(全文はこちら
8000万

更新日:2024/06/14

他のカテゴリはこちら None
【ランキング集計の詳細】
  • インターネット上の情報を自動抽出し、集計しています
タイトルとURLをコピーしました