大空眞弓の詳細データ

大空眞弓
カテゴリ 俳優・女優

説明

大空 眞弓(おおぞら まゆみ、本名;中田 佐智子、1940年3月10日 – )は、日本の女優。東京市生まれ。父親は沖縄県宮古島出身。オフィスのいり所属。千代田区立九段小学校、白百合学園中学校・高等学校卒業。東洋音楽短期大学中退。 東京市赤坂区(現在の東京都港区)生まれ。父親は沖縄県、母親は広島県の出身。目黒、深川に転居後、1歳半の時、父親が貿易会社に就職したため中国北京に一家で渡る。終戦間際に帰国し母親の郷里・広島に住む。1945年、5歳の夏、同県佐伯郡五日市町(現在の広島市佐伯区)で原爆に遭遇。爆心地が遠かったため、その時は誰も症状は出なかったが、姉は20代後半に胃ガンで亡くなっている。終戦後、父親が大分県別府市で家具の製造会社を始めたため転居、その後父親が北京時代の人脈を活かし東京で貿易会社を興したため小学校2年の時、一家で東京に戻り九段に落ち着く。なお、小学校の同級生に岸田森がいる。 東洋音楽短期大学声楽科在学中、母・安重と共に歌舞伎を観に行った帰りに歌舞伎座の前でスカウトされ、大学を中退して1958年に新東宝に入社し、映画『坊ちゃん社員』でデビュー。その後、東京映画に移籍、喜劇『駅前シリーズ』などに出演。 1964年、『愛と死をみつめて』が大ヒット。不治の病に冒される主人公・大島みち子役を演じ、お茶の間の人気を不動のものとした。なお、この作品を石井ふく子がプロデュースした関係から、以降、石井が関わる作品にはたびたび出演した。 初舞台は1962年の『黒蜥蜴』。1990年には『人生は、ガタコト列車に乗って……』で第15回菊田一夫演劇賞を受賞。その後も主にテレビドラマ・舞台を中心に活躍を続けている。俳優の勝呂誉と結婚し1児をもうけたが、後に離婚した。2021年には東京を離れて沖縄に移住している。
出典:Wikipedia

ランキングデータ

俳優・女優カテゴリのランキング

項目 数値 順位(俳優・女優カテゴリ)
Wikipedia閲覧数 日間 35,171 2位
ランキング
タイトルとURLをコピーしました