ブリンク 182の詳細データ

ブリンク 182

基本データ

カテゴリ アーティスト

概要

ブリンク 182 (blink-182、ブリンク ワン エイティートゥー) はアメリカのポップ・パンク・バンド。もともとは「Blink」というバンド名だったが、アイルランドの同名のバンドによる訴訟の恐れから、やむなく「blink 182」と変更した。「182」という数字の由来ははっきりとはせず、ベースのマーク・ホッパスによれば、「たまたま泊まっていたホテルの部屋番号から」、ギターのトム・デロングによれば、「マークが逮捕され、法廷に呼び出されたときの整理番号」とのこと。また、ホッパスは頭文字の「B」は小文字で書くように言っている。 ポップ・パンクの代表的なバンドの一つ。全裸で街の中を駆け回ったり、アイドルグループを馬鹿にしたりしたPVが若者を中心に支持され、MTVで大量にオンエアされる。その同時期に発表した『エニマ・オブ・アメリカ』が全世界で700万枚の売り上げを突破し、世界各国で数々の賞を総なめにするなど、爆発的なヒットを記録した。同アルバムは、新世代パンクの始まりを告げるようにランシドやグリーン・デイの作品を担当していたジェリー・フィンをプロデューサーに迎え、パンクにもかかわらずポップで洗練された音を実現させた。 また、スケボー、サーフィンなどのブランドを中心としたファッションが特徴でサポートを受けている「Hurley」のシャツや「ディッキーズ」の874ハーフパンツを着用している。自らもマークとトムが「ATTICUS」「MACBETH」、トラヴィスが「Famous stars and straps」というブランドを立ち上げた(現在、マークは両ブランドのオーナー権を売却し、トムも「ATTICUS」のオーナー権を破棄している)。 2005年で無期限の活動休止を宣言し、それまでにオリジナル・アルバムを5枚リリースし、売上の総合計は全世界で2000万枚以上を記録している。音楽のみならず、衣料品ブランドも自ら経営し、その影響はストリートカルチャー全体をも巻き込んだ。 2009年活動再開。2011年9月に再結成後としては初、そして実に8年ぶりとなるニュー・アルバム『ネイバーフッズ』がリリースされた。その後、1枚のEPをリリースし、2015年にトムがバンドを脱退。代役として2016年にアルカライン・トリオのギター、ボーカルであるマット・スキバが加入。加入後、現在までに2枚のアルバム『California』『Nine』をリリースしている。 2022年10月11日、トムのバンド復帰を発表。2023年10月20日にトム・デロング復帰後初となるアルバム『One More Time…(ワン・モア・タイム)』を発売した。(引用元)

ランキングデータ

「アーティスト」カテゴリのランキング

項目 数値 順位(「アーティスト」カテゴリ)
芸能人・有名人 Wikipedia閲覧数 日間 103 2,215位
ランキング
芸能人・有名人 X(Twitter)フォロワー数 1,643,023 78位
ランキング

関連コンテンツ

X(Twitter)

アカウント名 フォロワー数
blink182 1,643,023
タイトルとURLをコピーしました